skip to menu

skip to contents

ソウル 漢陽都城

ユネスコの城郭遺産

ホーム ユネスコの城郭遺産
  • ユネスコの城郭遺産
  • 都市を囲む城郭と都市規模の世界遺産城郭。
    ユネスコに認定されている城郭は、東南アジアで5ヶ所、ヨーロッパで18ヶ所、さらに登載待ちの11ヶ所と24ヶ所の暫定リストを含みます。
  • コルフ旧市街

    コルフ旧市街 ⓒUNESCO
    コルフ旧市街
    Greece flag
    Ionian Islands, Corfu Prefecture
    N39 37 26.189 , E19 55 39
    Date of Inscription : 2007
    Criteria : (ⅳ)
    Property : 70ha
    Buffer zone : 162ha
    要約 : コルフ旧市街は、ギリシャ北西部、アルバニアとギリシャの西海岸沖に浮かぶコルフ島の東海岸に位置する。アドリア海の入り口という、戦略上重要な場所にあることから、ビザンチン帝国やヴェネツィア共和国、フランスや英国など、幾多の国に支配された。現存する建物の多くは18~19世紀建造の新古典様式だが、特に重要なのは16世紀、ヴェネツィア時代に建造された新旧二つの城砦。4世紀にわたってオスマン帝国から海上貿易の利益を守ってきたこれらの城砦は、その後、英国によって改修されたが、ヴェネツィア共和国の城砦建築、及び地中海沿岸の港湾都市の様相を今に伝えている。
  • ロードス島の中世都市

    ロードス島の中世都市 ⓒUNESCO/OUR PLACE
    ロードス島の中世都市
    Greece flag
    Prefecture of Dodecanese, Region of the South Aegean
    N36 26 49.992 , E28 13 40.008
    Date of Inscription : 1988
    Criteria : (ii) (iv) (v)
    Property : 66ha
    要約 : ロードス島の中世都市
  • アムステルダムのディフェンス・ライン

    アムステルダムのディフェンス・ライン ⓒUNESCO
    アムステルダムのディフェンス・ライン
    Netherlands flag
    Provinces of Noord-Holland (NH), Utrecht (UT)
    N52 22 28, E4 53 35
    Date of Inscription : 1996
    Criteria : (ii), (iv), (v)
    Property : 14,953㏊
    要約 : 都市周囲に135kmに及び、1883~1920年に建設された、水の管理を目的とする唯一の防御構造物。16世紀以来オランダ人は水力制御の特殊な工学技術の知識を用い、星形の要塞や壕を連ねて干拓地を洪水から守ってきた。
  • クロンボー城

    Kronborg Castle ⓒFiona Starr
    クロンボー城
    Denmark flag
    Island of Sjaelland, City of Helsingör, Capital Region of Denmark
    N56 2 20.004, E12 37 15
    Date of Inscription: 2000
    Criteria : (iv)
    要約 : 戦略的に重要な地であるデンマークとスウェーデンの間のエーレ海峡に位置するヘルセンゲア(エルシノア)のクロホン城は、16~18世紀の北ヨーロッパの歴史に重要な戦略的役割を演じた。この比類ないルネサンス様式の城の建設は1574年に始まり、その防壁は17世紀末の軍事技術により補強され、デンマークの盛衰を背負ったその美しい姿を今に伝えている。シェークスピアの『ハムレット』の城のモデルともなった
  • ヴァレッタ市街

    City of Valleta ⓒUNESCO
    ヴァレッタ市街
    Malta flag
    Island of Malta
    N35 52 2.016 , E14 30 51.984
    Date of Inscription : 1980
    Criteria : (i), (vi)
    Property : 56ha
    要約 : 地中海を制圧できる要衝の地にあるマルタ島は、歴史上軍事面で重要な場所であった。ヴァレッタは、1530年にトルコ軍によってロードス島を追われたヨハネ騎士団が、1565年マルタ島北東部に港町として築いた城塞都市で、宮殿をはじめ騎士団宿舎、聖堂、大学など、当時の面影を伝える建造物が数多く残されている
  • ミール地方の城と関連建物群

    Mir Castle Complex ⓒPublic Domain
    ミール地方の城と関連建物群
    Belarus flag
    Grodno Province (oblast), Korelichi District
    N53 27 3.9, E26 28 21.8
    Date of Inscription: 2000
    Criteria : (ii), (iv)
    要約 : ベラルーシ西部にある宮殿。相次ぐ支配者の交代と戦闘の歴史を生き延びてきた中から、西欧の影響を受けつつこの地域の特性を融合させた独特な様式を生み出した。15世紀末の建立当時にはゴシック様式であたミール宮殿は、五つの重厚なレンガ造りの塔を持ち、後にルネサンス様式、バロック様式と相次いで改築された。ナポレオン戦争時に大きな損傷を被ったが19世紀末に修復され、同時に周辺の景観を取りこんだ公園が整備された。
  • ベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁

    ベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁 ⓒUNESCO
    ベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁
    Switzerland flag
    Bellinzona-Canton of Ticino
    N46 11 35.304, E9 1 20.712
    Date of Inscription: 2000년
    Criteria : (iv)
    要約 : スイス南東部、ロンバルディア地方、ティチーノ州の州都である市場町。アルプスの南北をつなぐルートがティチーノ川の狭い谷を通ることから、ティチーノ渓谷全体を見渡す岩山の頂上にカステルグランデ城を中心とした城塞群が築かれた。3つの城は古代都市を護るために築かれ、谷からの道をさえぎる防御陣が続く。第三の城(サッソ・コルバーロ)は離れた位置に建ち、他の城砦の南東にある孤立した岩の崖から周囲を見下ろしている。
  • 歴史的城壁都市クエンカ

    歴史的城壁都市クエンカ ⓒUNESCO
    歴史的城壁都市クエンカ
    Spain flag
    Province of Cuenca, Autonomous Community of Castile-La Mancha
    N40 4 35.832, W2 7 54.264
    Date of Inscription: 1996
    Criteria : (ⅱ), (ⅴ)
    要約 : コルドバの中心部にムーア人が防御地点として建設し、よく保存されている中世の要塞都市。12世紀にカスティリアが征服して王都・司教区所在地となり、スペイン初のゴシック伽藍(がらん)や有名な「宙づりの家」などが建設された。
  • ルーゴのローマの城壁群

    ルーゴのローマの城壁群 ⓒYvon Fruneau
    ルーゴのローマの城壁群
    Spain flag
    Province of Lugo, Autonomous Community of Galicia
    N43 0 39.996, W7 33 11.988
    Date of Inscription: 2000
    Criteria : (ⅳ)
    要約 : スペイン北西部、ビスケー湾に面するルーゴ州の州都。この城壁は2世紀後半、ケルト人の集落をローマが占領し、重要な軍事拠点として建設されたもので、地名はルークス・アウグスティと改称された。この堅塁はその後の相次ぐ攻撃や8世紀のムーア人の侵入にも耐えている。そのため保存上や夷が良く、一周2131mにおよぶ城壁全体が損傷なく残っており、西ヨーロッパで見られるローマ帝国時代の城砦建築技術を今に伝える貴重な例証になっている。
  • バルデヨフ市街保護区

    バルデヨフ市街保護区 ⓒBardejov Town Conservation
    バルデヨフ市街保護区
    Slovakia flag
    Town and District of Bardejov, Prešov Region
    N49 17 35.988, E21 16 45.012
    Date of Inscription : 2000
    Criteria : (iii), (iv)
    要約 : スロバキア北東部、カルパティア山脈の南麓に位置する中世の要塞都市。ポーランドとの交易路に位置したこの都市は、14世紀に自由都市としての特権を獲得し、14~16世紀の中欧東部における都市化の典型的な例証になっている。15~16世紀に文化的な最盛期を迎え、スロバキア初の公設図書館やラテン語学校、印刷所が設立された。小規模ながら例外的なほど完全で良好に保存された都市で、小さなユダヤ人地区が残されていることも特筆される。
1 2 3